烏羽凪

名前:烏羽 凪(からすば なぎ)
性別:女
年齢:18歳(※「Dear 01」時点)
誕生日:7月21日
血液型:シスAB型(聡賢の民)
身長:156cm

高額な治療費の返済を名目に衣食住付きで鷹司家の使用人となった女性。階級は隷代。
隷代が王宮に立ち入ることができない中で凪が使用人として働くこととなり注目を浴びつつも反感もある。王宮内の泥沼化した人間関係に巻き込まれていく。


鴻池組の事件に巻き込まれ性的暴行を受けたこと、自身の父親が怪盗コガラシであること、そして無意識に発する”知らない言葉”で誰かへ危害を加える恐怖心より失語となる。

鷹司家の身内でしか伝わらない信号(※我々の世界で言うモールス信号)を通し、周囲と意志疎通を行う。


神経質で綺麗好き。9割以上真面目で固められた性格。

困っている人を見ると放っておけない質でどちらかと言えば世話焼きな方である。

ただ、しっかりものに見えるが気が緩むと意外と詰が甘かったりマイペースだったりするので監督する環境下の中で過ごすことで真価を発揮するタイプ。

基本的にかなり運が悪い方。税と同じく、もしくはそれ以上に不運な目に遭うことが多い。
それでも負けず嫌いで(精神的に落ち着いているときは)気持ちの切り替えは早い方。

公言することも文句を言うことも無く、地道にコツコツと頑張る派。

自分の成果物を横取りされたり、自分の頑張りが身を結ばず他人の利となっても「相手が喜ぶなら」と一歩引く。
ただ、ストレスを自覚無しに溜め込みやすく、嫌なことが続くと自分では感情を抑えられなくなることもある。

<戦闘>
風導士が主に使用する魔法を“家の教え”でいくつか使用できる。
魔法も扱うことができるがどちらかといえば接近戦が得意。

聡賢の民の一人なので全属性の魔法を扱うことができる。

クラスとしては魔法剣士ではあるが、他の剣使いに比べると下回る方。本人としては「フラッグで殴る人」と自負している。

所持する武器は短剣、ワイヤー、旗。


<デザイン>


以下ネタバレ





















<聡賢の民>
凪の一族は惑星「アーベル」が誕生後、始めて創られたヒトの形(聡賢の民)である。
そのため、一族の血液型は全員シスAB型(AB×O型)、言魂も全ての属性を扱うことができる破格のヒトの種。
一部の者から聡賢の民は害と視なされ、かざみどり時には殆どの聡賢の民は処分されているか、研究対象として実験動物と化している。

血統が良く、かつ天然物で無害な状態なのは疾風と凪のみである。

聡賢の民は魔法の概念を創ったヒトの種なので“家の教え”の中で高度な魔法を受け継ぐことが多い。その中には風導士の間に伝わる口伝術に匹敵する魔法やそれ以上の魔法もある。


<四代目 風の神子>
星のヒト柱とされる七人の神子の一人として選ばれている。
他の属性に比べ覚醒することが少ない風の神子は凪で四代目となる。


<結婚式前日の悲劇>
ヴェルドと密約した兜の策により、朝日不在の日にアースの地を襲撃される。
一時的に襲撃者を追いやるが、不意を突かれ囚われてしまう。
中央全土のヒトを洗脳する魔術により凪の公開処刑が進められてしまう。
火炙りにより骨までも失うが、事前に渡された結婚指輪だけが燃え残っていた。


<武器の付加要素>
実は処刑される前に指輪に凪の意識の一部を預けていた。肉体が燃え尽きた後、3日間かけて魂と残りの意識を全て指輪に送る。
一つのモノへ魂と意識を移した際は、その魂と意識に対する真名を知る者のみ開放することができる。

朝日はそれに該当し、さらに凪と心通わせ、肉体関係までもっていたことで彼女の意識と魂を極限までに引き出せることに成功する。対の指輪とリンクさせ、指輪に宿る意識と魂を解放することになる。

凪の意識と魂を素材として武器や装飾具のランクをあげ、神殺しの特殊効果を付加することができる。
ただし、武具に付加した意識や魂については武器の素材として一時的に生きていたモノと認識されるため、結果的に凪はヒトとしての存在していなかったこととなる。
凪の意識と魂を元に「焔月の槍」を「王の神槍」へ変え、神格化した兜を穿つ。
戦いが終えた後、穂、リール、朝日以外のヒトは凪が存在していたこと、四代目風の神子が存在していたことの記憶と記録が失われる。
また、アースの地以外の場所についても凪が存在していた痕跡が全て失われており、南北を隔てたベシアの壁を壊すきっかけを作ったのは朝日、努、芳実、税、賢二の五人と記録されている。


⇒戻る